NETIS 国土交通省新技術情報提供システム 登録番号KK-200034-VE

ドローン用レーザースキャナシステム -TDOT 7 NIR-S-

FEATURE

TDOT 7 NIR-Sの特徴

TDOTシリーズはNETIS推奨技術に認定されました

NETIS(ネティス)とは

NETISとは、国土交通省が運用する新技術の活用のためのデータベースのことです。

NETIS技術を活用するメリット

施工者がNETIS登録された技術を活用すると以下のメリットを受けることができます。

公共工事入札時における総合評価方式で加点の対象になり、技術評価点が向上します。

価格と技術提案の優劣を数値化して落札者を判定する「総合評価落札方式」において、NETIS登録技術を採用した技術提案を行うことで技術評価点の向上が見込めます。

完成後の工事成績評定点が向上します。

NETIS登録技術を活用した施工を行った場合、工事が完成した段階で発注者より採点される工事成績評価定点の加算対象になります。
施工コスト縮減や工期短縮の実現など、質の高い施工成績を残すことで次回入札で有利となる評価につながります。

NETIS推奨技術。TDOTは推奨技術に認定。

TDOTシステムとリーグル製レーザーユニットを統合
高性能レーザースキャンシステムとして誕生

弊社が誇るドローン搭載用レーザースキャンシステム「TDOT」と秒間最大2,400,000パルス、400ラインの驚異的な性能を持つRIEGL社製「VUX120」を融合。
TDOTシリーズの特徴である高性能GNSS/INS航法システムを活かし、フライトからデータ出力までのシームレスなプロセスを実現。
待望のハイエンドレーザースキャナシステム「TDOT 7 NIR-S」が誕生しました。
※2023年4月時点のスペックです。 スペックについての最新情報は、RIEGL社の公式ホームページをご覧ください。

GNSS/INS

より高い測量パフォーマンスの実現へ
ドローンの位置・姿勢・方位を高精度に測位
データ出力レートを向上させた
高性能GNSS/INS複合航法システムを内蔵

レーザー測量では、レーザー光が対象物からどれだけの時間をかけて戻ってきたのかを1秒間に何万回も計算しなければなりません。
その際、レーザー光を照射する位置はGNSSで測りますが、1秒間に数10回しか測ることができず、対象物の位置に大きな誤差が発生します。 またレーザー光の照射角度の測定誤差に対象物までの距離を掛けた大きさに相当する位置のズレを発生させます。 そのため対象物が遠いほど、レーザー光の照射角度の誤差が小さなものであっても、対象物の正確な座標を知ることができなくなります。 そこで、加速度計でドローンの動きを捉え、ジャイロセンサで時々刻々と変化するドローンの姿勢を検出します。 これらIMU(慣性計測装置)とGNSSを組み合わせたものはGNSS/INS複合航法(慣性航法)システムと言われ、お互いの長所を活かすことで、高精度の測量システムが完成します。
TODTシリーズのINSは、1秒間に数万回のレーザー光の照射をしながらも、数10mmの高精度な測量を実現させるためのスペックを備えています。

TDOT7NIR-Sイメージ

SCAN SPEED

240万点の
超高速レーザーモジュール

VUX120は、秒間400ラインのスキャンスピードを有しています。従来よりも早い航行スピードでスキャンを実施できるうえに、ビームは直下、前方+10°、後方-10°の3つの方向に連続して照射されます。 これにより、建物・構造物の鉛直面、あるいは切立った急崖から成る幅の狭い谷地形のような、これまでのレーザー測量が苦手とする対象物に対しても、構造全体を捉える測量データの取得を可能にします。

TDOT7NIR-S、400Line/s、3ビーム

FOV

高精度の標高値を得る
レーザー視野角

ドローンレーザー測量に求められるのは正確な対象物の標高値です。 地物の標高値の精度は、GNSSがもつ精度にレーザー光の測距精度を加えたものとなりますが、スキャン角度が鉛直方向から離れるほど、ドローンの姿勢を測る精度が標高値に大きく影響します。 FOV(視野角)が100°のVUX120は、このドローンの姿勢精度の影響が少ない標高値を得ることができる無駄のないレーザースキャナです。

TDOT7NIR-S 視野角

TDOT 7 SETTING

刷新されたTDOT 7 専用アプリケーション

タブレットなどブラウザが使用可能なデバイスとWiFiで通信をすることでTDOT 7とアクセス。
レーザー設定、リアルタイム断面、可視カメラ、サーモグラフィなどのON、OFFの切り替えなど詳細設定。従来通りのステータス情報の閲覧などTDOTアプリケーションが刷新されました。

TDOT 7 専用アプリケーション

REAL TIME DATA DISPLAY

測量中データのリアルタイム表示

測量中のデータをリアルタイムに見ることができます。 例えば、対象物の断面を表示させることで、樹木が繁茂する場所での植生下の地表面データの取得状況をフライト中にリアルタイムに確認することができます。
これにより、測量が計画通りに実施できているのかをその場で確認することができ、手戻りの無い効率的な測量作業が実施できます。
※ 測量中の断面データの閲覧には、ドローンにHDMIに接続できる画像伝送装置が搭載されている必要があります。 DJI社のMatrice300RTKの場合にはDJI SkyPortを通じて閲覧することが可能となります。

測量中データのリアルタイム表示

CAMERA/THERMO

可視光カメラ、サーモグラフィカメラ(オプション)を搭載

可視光カメラとサーモグラフィカメラを搭載したユニットをオプションでご用意。
可視光カメラでは、オルソ画像を生成でき、取得した点群データにカラー情報を付与することが可能となります。
サーモグラフィカメラを用いて、3D点群では判別ができない温度情報を検知。
今まで見えなかった関係性や特徴、傾向を可視化するビジュアライゼーション効果を発揮します。

TDOT7NIR-S オプションカメラユニット

WORK FLOW

誰もが簡単に測量できるというコンセプトを実現させる統合プラットフォーム

レーザースキャナシステムは数多くの精密なデバイスから構成されており、それらの一つ一つを最適な状態に設定する作業を行うことは容易ではありません。 また、専門的な知識がない場合、高精度な成果の出力に至るまでには、数多くのトライ&エラーを繰り返しながら作業手順を習得する労力が必要です。 これらオペレータに要求される複雑な使い方が、ドローンレーザー測量の普及を妨げる障壁になっていると言っても過言ではありません。
TDOTシリーズは、誰でもその性能を最大限に引き出せるためのプラットフォームが提供されます。 例えば飛行ルートの入力作業と同時に測量前後のアライメント飛行を実施させる機能や、簡単なドラッグ&ドロップ操作をするだけで、対応する電子基準点のデータをダウンロードして、ただちにGNSS/INSデータと組み合わせて最適軌跡解析を自動的に行う機能などを備えています。 このような測量サービスのノウハウを盛り込んだ当社のプラットフォームを使うことにより、誰でも簡単に正確な3次元座標をもつレーザー測量が実施できます。

TDOTワークフロー