株式会社アミューズワンセルフ - amuse oneself Inc -

English
header

高性能IMU搭載ドローン専用レーザースキャナーシステム「TDOT」

ここをクリック

WORK FLOW
– ワークフロー –

01
フライトプラン

各ドローンメーカーから用意されているプランニングツールにより、飛行ルートを作成します。
下図はDJI社GS Pro(Ground Station Pro)

02
アライメント飛行
(IFA : In flight alignment)

主に姿勢角を初期化する為のフライト。
TDOTの起動直後と終了直前に1回ずつ実施します。

03
フライト(測量)

フライトプランで設定された飛行ルートに基づいて
レーザー測量を自動飛行で行います。

04
アライメント飛行
(IFA : In flight alignment)

計測修了後にアライメント飛行を実施します。

05
プレ解析

現場に於いて、専用のアプリケーションにより、
数分の間に点群をプレビューすることができます。

06
本解析
(クラウドによるオンラインプロセッシング併用)

インターネット環境のもと、専用のアプリケーションを起動させ、TDOTのデータと固定局のデータをドラッグ&ドロップするだけで、INSのRawデータから精密な位置と姿勢の解析が行われた後、最終的に必要となる3Dレーザー点群データが無手順で出力されます。
※オンラインプロセッシングの利用には別途契約が必要です。

07
微調整

必要に応じて姿勢データの調整や座標のオフセットを行います。

08
データ出力

LASを始め任意のデータフォーマットで出力できます。